no title
ゆーりが苦手分野の企画でも頑張っていた点を称えたいですね。